CONCEPT 柳川屋のこだわり


〈うなぎだより〉


うなぎだより|Vol.4

 令和元年も残すところ1ヵ月半程となりました。
今年も日本全国の各所で自然風災害が発生し、多くの方々の苦痛なる表情やインタビューを見聞きしておりますと心が痛くなり、とても他人事とは思えませんでした。災害に遭われた方々には心よりお見舞申し上げます。
 
 さて、今年の弊社内でのニュースといたしましては、2月に福岡市中央区西中洲に熊本あか牛 肉料理と葡萄酒の店『Roji銀』を新規オープンし、またこの11月には『うなぎ処柳川屋 中洲本店』がリニューアルオープンとなりました。更には、博多炊き肉鍋・グリルレストラン『金蔦 博多本店』が開店12周年を迎えるなどあわただしい1年となりました。
 
 お客様、弊社 従業員並びに、携わる全ての方々のご指導とご支援によって、この1年をのり越えられる事に、心より感謝申し上げます。
 
 また、今年も11月に入り、うなぎシラス漁の時期に入ってまいりました。今年末から来年3月頃までにとれるシラス漁の取れ高の情報が非常に気になるところではございますが、鰻生産者の方、うなぎ問屋さんには良質な鰻を分けていただける様に早くから、お声掛けをしております。今後のシラスの取れ高、出来高にもよりますが、安定的に鰻を仕入れ、美味しい国産鰻を使い、丁寧な手仕事でお客様方にご提供させていただきたいと思います。
 
 これからも手間ひまを惜しまぬ姿勢で、作り手である自分達が食べたくなるような
鰻料理を創造し、お届けさせていただきたいと考えております。
今後とも、柳川屋を何卒、宜しくお願い申し上げます。
 

 有限会社サンクス うなぎ処 柳川屋
取締役副社長 安永幸滋